大阪で暮らしている息子夫婦がくれた素敵なプリザーブドフラワー

サイトマップ

preserved flower

今話題のプリザーブドフラワーって?

活けられたピンクの花

プリザーブドフラワーとは特殊な液体に花をつけることよる、半永久的な花として保存できるものです。
今までの花の保存法としては、ドライフラワーや、昔懐かしい押し花などありましたが、いずれも花の色が落ち、さらに水分がない状態となるため、色あせてしまい、生きた花として保持することができませんでした。しかしながら、このプリザーブドフラワーは生きた花の色の状態で保つことができるため、保存方法に気をつけると、綺麗な花として保存することができます。
ブリザーブドフララーは造花とは違い、花の色も自然で、生きたように見えるのが特徴です。ただ特殊駅での加工であるため、プリザーブドフラワーの価格は少々高めとなっています。さらに特殊液を利用することにより、花びらや葉っぱの色は保てるものの、強度が悪くなるため、傷つくと花が取れやすくなるなど、問題点もあります。そのため、プリザーブドフラワーの保存方法としては、ケースに入れて保持するなど、気を使う必要があります。なお、直射日光を浴びると変色する恐れもありますので、保管場所には十分気をつけておかねばなりません。
しかしながら、プリザーブドフラワー自体は花を良い状態に保つ特殊な加工品であるため、いつまでも美しい花の印象を保つ上では非常に重宝される品物であり、人気もあります。

Copyright © 2016 大阪で暮らしている息子夫婦がくれた素敵なプリザーブドフラワー All Rights Reserved.